いろいろな職業紹介しますっ(*^_^*)

女性目線でいろいろなお仕事紹介します!!

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物介護福祉士 ②

今回は、前回の続きです

動物介在福祉士(アニマルセラピスト)の職場は、
動物関連機関だけでなく、介護施設や福祉施設など幅広く職場を選べます

多くの方が、この資格を取得した学校などから紹介を受けた施設で働くそうです

職場としては、介護老人保健施設、デイケアセンター、特別養護老人ホーム、児童福祉施設、養護施設、
病院などの施設

ペットショップや動物病院、そしてアニマルセラピー派遣の会社などです

アニマルセラピー派遣会社以外の施設で、現在働く方の中には
本来の仕事の資格に加えて、アニマルセラピストの資格を取得し勤務しているそうです

現在のところ、求人としては少ないのが現状のようですが
その効果や実績によって、少しづつではありますがこれから増加傾向にあるようです

給与としては、勤務する職場にもよりますが、
アニマルセラピストとしてのみ、勤務した場合は・・・

経験、実績によって給与の差は大きく、現状としては正直、良い方ではありません

試用期間7万~8万円、見習い期間12万~14万円、一般雇用16万~18万程度です

職場によっては、20万円以上を超える事もあります

このお仕事は、憧れだけは、厳しいですが
多くの人との繋がり、そして相棒(動物)との繋がりを大事に出来る人が向いています

スポンサーサイト

動物介在福祉士 ①

今回、ご紹介するお仕事は・・・

【動物介在福祉士】です

動物介在福祉士とは・・・
別称【アニマルセラピスト】とも呼ばれ、動物とのふれあいとの交流を通して心のケアをする動物介在療法の専門家の事です


動物とのふれあいや交流によって、癒しの効果を与えます
他にも、患者の社会性や気持ちも活動的にします

現代の生きる人達は、ストレスなどに晒され、悩みや不安などを抱え、日々を過ごしています

精神や身体に障害も持っている人や認知症の治療やリハビリに役立ちます

身体的に、精神的に癒しとリハビリに効果を発揮するのです

アニマルセラピストの代表的なものと言えば、犬とのふれあい交流するドックセラピー、
イルカとの遊泳を行うイルカ療法、馬に騎乗する乗馬療法があります

アニマルセラピストになるには、資格がある方がいいでしょう

しかし、民間資格なので必須の資格ではありません

では、資格はどこで取得できるのか・・・
大学や専門学校などで学び修了する、もしくはスクールなどのアニマルセラピストの講座を受講することで、民間資格を取得する事ができます

資格の種類としては、アニマルセラピストコーディネーター、アニマルカウンセラー
動物介在福祉士、乗馬療育インストラクターがあります


次回に続く・・・

動物衛生看護士

今回、紹介するお仕事は・・・

【動物衛生看護士】です

別称 アニマル ヘルス テクニシャンとも呼ばれます
いわゆる、ペット(動物)の看護士さんです

昨今、多くの人がペットを飼っている中で、動物でも人間と同じく病気に罹ります

そして、同じく病院に行きます
病院が獣医のいる動物病院です

そして、そこで活躍するのが、獣医と動物衛生看護士です

仕事内容は、獣医師の指示のもとで治療の補助を行います
他にも、入院している動物の世話、治療器具の洗浄・消毒・準備、
飼い主への飼育相談など治療行為以外の業務を行います

資格としては、国家資格はありません
専門学校で学び、認定試験に合格すれば、ライセンスを取得できます

病院によっては、獣医学を学ぶ場として、全くの未経験、無資格でも雇用してもらえるケースもあります

勤務は、基本病院の診察時間の前後1、2時間ですが、
病院によっては、緊急などを受付ているのでシフト制の場合もあります

雇用形態は、パート、正社員がほとんどです

待遇は、病院によってまちまちですが、
社会保険、厚生年金、賞与などあります

給与は、13万~18万程度が平均的です

『動物が好き』だけのでは、少しきついお仕事です
人間の看護士と同じく、生死の関わることもあるお仕事なので



トリマー 

今回は、ペット関係のお仕事紹介します

【トリマー】です

ご存じの方、多いですかな?

【トリマー】とは、
ペット専門の美容師さんです


有資格を求められる仕事です
資格としては、専門知識も必要でなかなか高度な資格になりますが
民間資格で、一回の試験の合格者は90%と高いそうです

動物好きの方には、大変でも楽しいお仕事のようです


職場は、ペットサロン専門として開業しているお店や、
チェーン店のペットショップでは、ほとんどの店舗がサロン部門を設けています


資格として上記にあげた【トリマー】の資格になるのですが
最近では、顧客の自宅までペットを送迎する業務を担うことが多いので
要普通免許の求人も多いです


雇用形態は・・・
正社員、アルバイト、パートとショップによって違います

大手店舗は基本年中無休なので、シフト制
個人は小規模でサロンのみのお店は、土日祝休みや定休日が多いです

勤務時間平均・・・9時~20時の間(8時間程度)残業は多いようです


給与は、月給14万円~20万円
時給850円~1200円 賞与やボーナスがある職場あります

調べるとこんな感じなのですが、
実際現場にいる方は『安い』と言う答えが多いです


少し、厳しい職場もあるようですが資格があればどこでも働けます


ペットショップ②(飼育員)

では、今回もペットショップのお仕事紹介です

今回は、飼育員の紹介です

飼育員は、主に3つに分類されます(小規模店舗は除く)

犬猫、小動物(ハムスター類、爬虫類など)、熱帯魚(海水魚、金魚など)

大きく分けると上記の3つですが、
店舗のよっては、小動物部門は、爬虫類部門が別にある場合もあります


そして、やはり販売員と同じく、それぞれの部門担当は、
知識を必要とします

この知識は、販売員よりも詳しい知識が必要ですが、
これは、現場で学ぶ事が基本です

では、生体飼育員の仕事です

・ディスプレイケース(犬舎やゲージ、水槽、鳥小屋など)の清掃
・朝、昼、夕の餌やり(基本3食ですが、生体にもよります)
・生体の体調チェック

これは、毎日の基本業務です

他にも、店舗によって、いろいろな生体に関わる色々な仕事があります


勤務体制は、シフト制度が多いです

朝番(オープン~)、遅番(~閉店)までなどが基本のようです

そして、ペットショップの給与ですが・・・

正直、調べた限りでは、あまり良い方ではありません
時給平均 800円~900円
月給平均 145000円~175000円  です


しかし、飼育、販売員ともに、特に資格は必要なく
ほとんどの求人に
『学歴不問』『未経験者歓迎』とあります

好きな方には、やりがいのあるお仕事です

ペットショップ① (販売)

寒くなってきた今日もお仕事紹介しますね~

今回は、ペットショップの販売員さんです


ペットを飼われている方や、好きな方には、気になるお仕事かと・・・


では、では、
本題に・・・

ペットショップの販売員と言っても、扱う部門で違います(小規模店舗を除く)

熱帯魚などの魚部門、ハムスターや爬虫類などの小動物部門、
犬や猫の犬猫部門、全ての商品を扱う商品部門など・・・

大きく分けて4つに分けられます

生体(犬や猫、魚、小動物、爬虫類)などを販売する人は、
やはり、それぞれの知識を必要とします

この知識がなくては、お客様に販売する時に上手く説明できず、
売れないと言った結果にもなります

もちろん、商品の販売にも知識はいりますが、商品自体に大まかな説明書きが
あるのでだいだいは理解できるので
生体の知識ほど難しい知識は必要ありません


次に、生体の販売員は店の方針や時間帯によっては、
生体の管理(餌やり、掃除など)の業務(飼育員の業務)も行うことがあります

商品部門は、店舗の全体の清掃やレジなどの雑務があります

ペットショップで働く方の時給は、基本的は同じなので
また、次回で・・・

雇用形態は、正社員・アルバイト・パートがほとんどです

では、次回もペットショップのお仕事を紹介していきます


QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。